不眠症に成る原因、どんなものがあるの?

不眠症に成る原因は多種多様である。
全般的に、ストレスと云う心理的負荷を抱いているから、だけとは限らない。
病気が隠れていたりもするのである。
では、どんな原因が考慮されるのだろうか。

 

 

1.病気が原因・・皮膚疾患で痒みがあったり、リウマチ等で体が痛かったりすると寝つきがよくあらないし、熟睡できない。
であるが、こういった病気だけではなく、糖尿病、高血圧、前立腺肥大、心不全、狭心症、胃潰瘍、パーキンソン病等の病気に為ってるケースの場合も、不眠症になりやすいようである。

 

 

2.生活環境が原因・・海外旅行から帰って来て、時差ボケになって不眠に成る事がある。
また、仕事が夜と昼の交代制の勤務に変わって、生活のリズムが狂うと、不眠になってしまう。
寝室の環境が良くない時も不眠に成る。
うるさかったり、明るかったり、室温が適温でなかったり、乾燥していたりしても良く眠れない。

 

 

3.心理学的な原因・・人間関係や仕事上のトラブル、これ以外懸念事で、夜ベッドに入ると色々考慮してしまい眠れなくなり、不眠症になってしまう。
そのトラブルが解決してしまうと良く眠れるように成る人もいるが、これが原因でトラブルが解決しても不眠症が治らなくなる人もいるようである。
そうすると、眠れないと云う事がまた新たなストレスと云う心理的負荷となり、不眠が長期化してしまうのである。

 

 

4.うつ病や統合失調症等の病気をもってる人は、不眠症である事が少なくないようである。
精神疾患のある人のおおくは脳内から分泌されるセロトニンと云うホルモンが不足しているのである。
セロトニンは心を息抜きさせる働きがあるし、睡眠に欠かせないメラトニンの分泌を促進する働きがあるのであるが、これが不足している事から、眠れなくなるのである。

 

 

5.アルコール、カフェイン、煙草が原因・・お酒を呑み込むと良く眠れると勘ちがいしている方が少なくないのであるが、実はお酒は眠りを浅くしてしまうのである。
その為、夜中に目が覚めて眠れなくなると云う事に成る。
又、一般的な常識であるが、就寝する前にコーヒー等を呑み込むとカフェインのせいで、脳が覚醒して眠れなくなる。
高齢者のケースの場合は、その覚醒効果が6時間くらいつづくから、就寝する時間の6時間前にはカフェイン類を呑み込まない方がいいのである。
そして、煙草は、眠りには大敵なものである。
煙草に含有されるニコチンはカフェインよりもつよい興奮剤であるし、依存症にもなってしまう。
ニコチン依存に成ると、脳内にニコチンがあるうちは息抜きしているのであるが、ニコチンが切れると、懸念や緊張が高まってしまうのである。
その為、就寝する前に煙草を吸うと、夜中にニコチン切れて覚醒してしまう為、眠りが途方もなく浅くなる。
多種多様な面で煙草はやめた方がいいのである。

不眠症に効くツール、ツーブリーズ

日本人の5人に1人が良く眠れていないとも云われている。
言わば国民病とも云えるかも知れない不眠症。
何か良い改善策はないだろうかと、考慮している方も少なくないかも知れない。
ベッドに入ってから1時間や2時間は寝付けなかったり、結局そのまま朝になってしまったなんて事もあるかも知れない。
そうすると、日中がたいへんな事になってしまう。
頭が活動しない為、仕事も上手く行こないし、体は1日中だるくて重い、なんて事になってしまう。
そうなると不眠症は是が非でも解決しなければならないもの、と云う事に成る。

 

 

不眠改善ツールにツーブリーズと云うものがあるのを御存知だろうか。
このグッズは、眠りを誘う呼吸法が自然と出きるように成る、途方もなくユニークなものである。
センサー付きベルトと、スマホのアプリを使用すると云う、斬新な発想で、不眠症が解決してしまうものである。
呼吸は予測外にも睡眠と深くかかわってる。
交感神経が優位だと息抜き出きないのであるが、呼吸法に拠って、副交感神経を高めるようにすると、心身が息抜きして眠りに導いてくれるのである。

 

 

ツーブリーズのガイド音に合わせて呼吸する事により、副交感神経が高まって、体を息抜きした状態にして眠りに導いて足を運ぶ。
まず、センサー付きのベルトを腹部に巻くるのだ。
そうすると、そのセンサーが呼吸を詠み取って、Bluetooth(ブルートゥース)でスマホにそのデータを送信する。
その呼吸データをもとに、アプリがその人にベストな息抜き出きるリズムを音声でガイドしてくれるのである。
そのガイドに合わせて、呼吸をしているとだんだん息抜きしてきて、眠りに落ちて足を運ぶと云うものである。
眠りに落ちると、センサーとサプリはそれを感知して、自動的にシャットダウンしてくれる。
翌朝、アプリを観ると、呼吸の達成度や寝つきにかかった時間を示してくれる。
更にアドバイスも示してくれる為、それも参照すると更に良い効果が得られるように成る。

 

 

しかもこのツールで眠りにつくように成ると、眠りの質も改善する。
深い眠りが増大していくのである。
深い眠りが出きるように成ると、日中は体も軽いのであるし、頭の巡りも良くなる。
仕事のテンポも早くなるとおもわれる。
不眠症で困ってるなら、このツールを試してみるのも良いとおもわれる。
価格も2万円以下と云うのも、いいのである。

不眠症をアロマの香りで改善する

日本人の5人に1人が、何らかの睡眠障害を抱いていると云われている。
なかなかどうして眠りに付けないとか、夜中に何回も目が覚めてしまうとか、そういう人はけっこういる。
でも、睡眠導入剤のような薬を処方してもらうのは、ちょっと抵抗がある。
その薬がないと眠れなくなってしまったらどうしようとか、依存性があるのじゃないかとか、出きるならそういう薬には頼りたくないのである。
アロマを使用してみるのはどうだろうか。

 

 

アロマの香りは気持ちを鎮め、息抜きさせる効果があると云うのはよく認識されている事であるが、多種多様なアロマがでている為、どれにしたらいいか分かる事が出きないと云う気持ちにもなる。
それならば、今評判の 「SWICH me ディープレストミスト」を試してみられるのは良いかも知れない。
これはビターオレンジの香りのアロマで、スプレー式に為ってる為、部屋全体や布団や枕等にシュッと何回かスプレーすれば良いのである。
面倒な準備もいらない為、気楽に使用する事がでくるのだ。

 

 

このSWICH me ディープレストミストはどんな成分で造られているのだろうか。
伊豆産のビターオレンジとクロモジを中心にアオモジ、ユーカリ、オレンジ等が入ってる。
ビターオレンジと云うのは、橙(ダイダイ)の事である。
ダイダイは漢方薬でも橙皮(トウヒ)と云う名で、自律神経の乱れの改善に使用されている。
クロモジはクスノキ科の樹木でその幹と枝からさわやかな香りがする。
その香りは高ぶった神経を鎮めてくれる効果がある。
アオモジは同じくクスノキ科の樹木でこの実から採れる油は柑橘系のようなオレンジに類似した香りが在り、息抜き効果がある。
このSWICH me ディープレストミストは全部天然のものから造られていて、人工的な香りは一切合財入ってない。
であるから飽きの来ない心和む香りであるためす。

 

 

その息抜き効果のある香りで、寝つきも良くなり、その香りに包まれながら眠る為、眠りも深くなるようである。
価格は、80ミリリットル入りが4,320円である。
少し高い気がするか?でも、使用してみて気に入らないと、なんと、全額返金してくれるのである。
それだけ、製品に自信があると云う事かも知れない。
是が非でも試してみてはどうだろうか。

不眠症、寝室・寝具環境で改善出きる?

不眠症で苦しんでいる方で、殊更に思い当たる原因が分かる事が出きないケースの場合もあるかも知れない。
そうすると、それは寝具や寝室に原因があるのかも知れない。
寝室環境や、寝具は途方もなく肝心である。
何でも良いと云うわけにはいこない。
寝具等を変えただけで、良い睡眠が取れるように成る事もけっこうあるのである。

 

 

まず、寝室環境を考慮してみるべきだ。
寝室の温度はざっくり、夏は23から25度、冬はざっくり13から15度くらいが適温だと考慮されている。
勿論、地域や、マンションか一戸建てかでもちがってくる為、その温度にするのがむずかしいと云うケースの場合もあるかも知れないが、出きるだけこの温度に接近させる方が良いようである。
ただ夏場のクーラーのつけたままはしないで欲しい。
また、湿度は50から60%くらいが良い為、もし乾燥しているようなら加湿器を置いたりしても良いのかも知れない。

 

 

出きるだけ静かな環境で就寝するのが良いのであるが、これがなかなかどうして無理なケースの場合は、窓に防音シートを張るとか、耳栓を使用すると云う方法もある。
また、息抜き出きる音楽を、低い音量で流して就寝すると云う方法もある。
そうすると他の音も気にならなくなるかも知れない。

 

 

寝具はどんなものを選定したらよいだろうか。
まず掛け布団であるが、やっぱり1番おすすめなのは羽毛布団だろう。
保温性もあり軽くて体に負担がかからない。
重い布団は血行も悪くなるし、寝返りをうちにくいのである。
羽毛布団はピンからキリと云われている。
でも、安くて粗悪な羽毛布団は、保温が悪く寒いなんて事もある為、やめた方が良いだろう。
側生地もポリエステルではなく綿が良い為、それもガッツリ見定めた方がいいのである。

 

 

敷き布団やマットレスであるが、低反発マット、木綿布団、羊毛布団等、多種多様な種類がでている。
これはその人その人に合ったものを選定すると云う事に成る。
腰痛がある人には、それ専用のマットレスもでているし、体圧を分散してくれるマットレスもある。
昔ながらの木綿布団も、吸湿性があるので蒸れたりしないのであるが、時々日に当てたりする必要がある。
自身の体に合った敷布団やマットレスを選定する事が肝心である。

 

 

枕も大事である。
選定するさいの重要なポイントは、自身に合った高さにアレンジ出きるかどうかである。
仰向けになった時に、ガッツリ首を支えてくれるか、あごの状態も上がりすぎたり下がりすぎたりしていないか、寝返りがうちやすいかどうか等、が肝心である。

不眠症を改善する六角脳枕って、どんなもの?

不眠症に苦しんでいる人は少なくないのである。
多種多様な安眠グッズを試したり、サプリを試したりしているのに、なかなかどうして不眠症が改善しない、なんていう事もあるかも知れない。
意外と枕が原因かも知れない。
自身の体に合ってない枕を使用していると、熟睡も出きないし、かえっておきた時に肩や首が痛かったりする事もある。
熟睡していない為、時間的には充分就寝しているはずなのに、昼間眠くてしょうがない、なんていう事もある。
今まであまり枕の事を深く考慮した事がなかったのだったら、いっぺん、自身の枕を改善してみるべきだ。

 

 

今世間で評判の六角脳枕を御存知だろうか。
この枕は、肩こりや首痛、頭痛、不眠等で苦しんでいる人が使用してみて、こういった事が改善されたと、評判に為ってる枕なのである。
勿論個人差があるだろうが、口コミでも割と良い事が記述されているようである。
六角脳枕と云う名前もしくは名称だけあって、形は横に広めの六角形の低反発枕である。
この枕の開発者によると、人間の細胞はハチの巣構造と云われる六角形が居並んだ形をしているそうで、枕をあえて細胞と同じ形にした、との事である。

 

 

素材は低反発マイクロウェーブウレタンフォームである。
W型の凹凸構造に為ってるのも特徴点である。
肩や首をのせる付近部はウレタンを厚めにして、凸部で肩や首筋をガッツリ支えるように為ってる。
である為、寝返りがしやすく、呼吸もしやすい為、いびき対策にもなるようである。
低反発マイクロウェーブ素材で造られている為、通気性や肌触りが良く、寝返りがうちやすいのである。

 

 

就寝する時は頭寒足熱が良いと、昔から云われている。
この六角脳枕はひんやりとした保冷材が2か所に入ってる。
保冷材と云っても冷蔵庫に入れておいて使用する、あの保冷材とは異なる。
冷感を実感する素材で造られたものであるためす。
である為、頭がちょうど良いヒンヤリ感を実感して、良く眠れるように成るのである。
枕の高さがちょっと低いと実感できる方もいるようであるが、どうしても気に成るようなら、タオル等を下に敷いてアレンジする事も出きるのである。

 

 

価格は2万円くらいのである為、枕にしてはちょっと高いと云う気がする。
であるが、30日間以内なら、返品もでくるのだ。
不眠で苦しめられている人は、試してみるのも良いかも知れない。